貴方にもできる心肺蘇生術 

あなたの目の前で意識のない人・呼吸のない人・脈がない人に出会うことは
少ないと思いますが、いざという時の為に身につけておきましょう。

意識のないときA(Airway)気道確保
呼吸をしていないときB(Breathing)人工呼吸
脈が止まっているときC(Circulation)心臓マッサージ

簡単にABCと覚えるのがいいでしょう

:気道確保とは空気の出入りする通路を確保(開く)する事であり心肺 蘇生法で最も大切な事である。片方の手を前額部から前頭部にあて、もう一方の手の人さし指と中指を下あごの先の骨の部分に当てて、あごを持ち上げ気道を確保する(あご先挙上法)        

:人工呼吸はまず気道を確保し(あご先挙上法)患者の鼻を前額部においた手の親指と人さし指でつまみ、 口を大きく開いて患者の口を覆い息を 吹き込む。胸部が動くのを確かめながら、5秒に1回の割合でくり返す。乳 幼児では口と鼻を同時に覆う。

:胸骨の下半分に両掌を重ねておき、体重を利用して、1分間に80〜100回くらいで胸骨を圧迫する。心肺蘇生法は救助者が1人の場合は人工呼吸2回と心臓マッサージを15回を 交互にくり返す。

救急蘇生法に関するご相談・お問い合わせは真泉会第一病院外科まで
(電話:0898-23-1650又はemail:sdaiichi@icknet.ne.jp